肌のたるみ防ぐには

肌のたるみ防ぐには

どんな人でも肌のたるみを防ぎたいと思っているのではないでしょうか。普段からどのようなことに気を付ければ、肌のたるみを防ぐことができるのでしょうか。たるみの最大の原因といわれているのが紫外線です。もしも強い紫外線を肌にずっと受けていると、コラーゲンやエラスチンなどの肌の健康を保つ成分がダメージを受けてしまいます。

 

紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めクリームなどを使って紫外線予防を講じましょう。無理なダイエットをしない事も、肌のたるみを防ぐためには大切なポイントです。皮下脂肪が急激に減ると、余った皮膚の部分はたるみになるのです。そして、リバウンドで脂肪が元どおりになってしまえば、皮膚は決定的にまで伸びてしまいます。

 

太ったり痩せたりを繰り返していると、皮膚を老化させて、肌のたるみを招くので要注意です。肌の乾燥もたるみの原因になるので、普段から保湿を心がけることも、たるみを防ぐポイントです。乾燥すると皮膚の新陳代謝が悪化し、古くなった角質がはがれ落ちにくくなります。

 

もしも肌が乾燥すままにしておけば、コラーゲンやエラスチンを新しく作る機能も下がり、カサカサのたるんだ皮膚になってしまいます。むくみ対策を講じることも、たるみを防ぐことになります。むくみを繰り返していると、皮膚の弾力がなくなりたるみやすくなるので、マッサージなどでむくみの解消を心掛けましょう。普段の生活の中で、肌のたるみのない1日を過ごすための方法は様々ですが、お肌のためにやってみるといいでしょう。

しわの原因

何が原因で、人間はしわができてしまうのでしょう。人間の見た目の印象は、しわがあるとないとでは随分と違っているものです。しわの原因にはいろいろとありますが、中でも大きい原因は紫外線、お肌の乾燥、筋肉の老化の3つが上げられます。

 

晴天の日だけでなく、空を雲がたちこめている時でも紫外線が地上に降りそそいでいるという話はよく聞きます。紫外線が肌に降り注ぐ事によって、お肌の弾力などを保つ元であるコラーゲンやエラスチンを減少させてしまいます。

 

しわができる原因に紫外線があるという知識は、案外広まっていません。肌に紫外線を受けつづけていると、コラーゲンやエラスチンをこま切れにされて、肌の保湿力がなくなってしまうのです。肌の弾力がなくなると重力に引かれて肌は垂れさがりやすくなってしまうのです。

 

たるみがひどくなると溝になります。溝がしわということです。

 

紫外線から肌を守るため、日焼け止めクリームなどを使ってお肌をガードすることが、しわ予防になります。とくに紫外線が原因のしわの場合、浴びてしまった10代や20代の時はお肌に現れません。

 

紫外線による肌の変化は、30歳を越えて肌の新陳代謝が衰え出した頃から顕著になりますので、早期からしわの原因を取り除いておきましょう。