スープダイエット

カミングダイエット

 

日清食品の噛んでおいしいスープダイエット!カミングダイエットは、話題の噛むダイエットです。

 

少ないカロリーでもボリューム感が得られるよう、

 

新感覚、新食管の「カミングシート」が開発されました。

 

1日1食をカミングシートに置き換えるだけで満腹が続きます!

 

いかに満腹中枢を抑えるかがダイエットの鍵ですね!

 

日清食品のおいしいスープダイエットが今主婦や若い女性の間で話題になっています。

 

実際、ー7kgという結果が出ており、リピーターが続出しているからです。

 

カミングダイエットならば、無理な運動をせず、

 

おいしいスープダイエットに置き換えるだけでやせられるのが人気の秘密なんですね!

 

まずは7食トライアルからお試し下さい。

 

リバウンドの仕組みとダイエット

 

ダイエット後のリバウンドを避けたいという人は、ダイエットとリバウンドの仕組みを理解することが大事です。食事を減らし、ダイエットをしようとすると、人間の体は生命維持の危機として捉えます。栄養不足の状態が続くと人が持つ生命維持機能であるホメオスタシスが働きます。ホメオスタシスは、いきなり食事量が少なくなったり、気温が下がったりしても、内臓機能や体温を一定に保つためのものです。

 

例えば、山の中で道に迷った時などに使う機能です。ホメオスタシスが機能しているために、食事を減らしてダイエットをしても、体重の減少という結果が出るまでに時間がかかります。ダイエット効果が出ない期間も食事量を抑えていれば、1カ月もすると体は今の状態を平常状態と見なしてホメオスタシスを終わらせます。ホメオスタシスが機能している最中に食事量をダイエット前の状態に戻すと、リバウンドの原因になります。

 

ダイエットを中止して食事を元に戻してもホメオスタシスはまだ働いています。ホメオスタシスが機能していると消費カロリーが少ない状態になっていますから、そんな中で今までどおりの食事をすればカロリーが余ってしまいます。リバウンドが発生するのは、こういった仕組みによるものです。ダイエットで体重を減らすためには、ホメオスタシスとリバウンドの仕組みを把握し、食事のコントロールに生かすことです。

 

 

リバウンドの仕組みと基礎代謝

リバウンドの仕組みを知ることで、なぜリバウンドが起きるかがわかります。ダイエットのためには、まずリバウンドを知ることです。ダイエット時にリバウンドを予防したいなら、リバウンドの仕組みを確認しましょう。体の基礎代謝について知っておくことが必要です。基礎代謝というのは人間が1日に消費するエネルギーのことで寝ていても消費します。筋肉が多い人ほど、基礎代謝は多くなるという傾向もあります。

 

日頃から運動量が少ない人より、積極的に身体を動かして筋肉を増強している人の方が、基礎代謝が高い傾向があります。基礎代謝を上げることを考えるのであれば、カロリーの低いものばかりで食事をして痩せようという考えは適切ではありません。運動不足やカロリー不足で代謝の低い体になると、体内に取り入れたエネルギーが消費されづらくなり、貯め込まれてリバウンドになります。

 

摂取カロリーが足りないと体が感じている時に栄養を補給すると、体は出来るだけ多くを貯め込もうとします。リバウンドはだいたいの人に自然に起こるものだといえます。リバウンドの仕組みを理解すれば、カロリー摂取の少ない置きかえダイエットや、ファスティングダイエットはリバウンドしやすいことがわかります。単品、あるいは数種類だけの食材を使うダイエットや、極端な食事制限はいいものではありません。急激に体重を増減させずとも、リバウンドの仕組みをまず知ることでダイエットにつながりやすくなります。

 

 

リバウンドの仕組みを理解してダイエット成功

リバウンドの仕組みを知り、ダイエットをスムーズに行っていきたいものです。ダイエットでリバウンドを予防するには、リバウンドの仕組みを把握することです。リバウンドの仕組みから分析するとリバウンドが起こりやすいのは無理なダイエットを行った場合です。

 

食事を大幅に減らすようなダイエットをすると、反動が大きくなってリバウンドしやすい仕組みです。カロリー制限だけでなく、適度な運動をすることもね、リバウンドの対策なります。体を使わず、食事を減らすことでダイエットをしようとする人もいますが、そういった人は筋肉が減る傾向があり、太りやすくなってしまいます。暴飲暴食をしていると、ダイエットどころの体ではなくなります。

 

人間の体は、正常に機能していれば食事制限でリバウンドしやすくなるものなので、それについては問題ありません。ダイエットをする場合には、なるべくリバウンドをしないように、ダイエットした後の体重を維持することも考えなければなりません。よく置き換えダイエットでダイエット食品や低カロリー食材を一回ぶんの食事にする人がいますが、それはリバウンドがしやすいダイエットですので、気をつける必要があるでしょう。短期間ではなく、なるべく時間をかけてゆるやかに体重を減らしていくことでリバウンドを防ぐができます。ダイエットをしてもリバウンドが起きないようにするには、リバウンドの仕組みを理解することです。